出会いノウハウ塾  
 
出会いノウハウ塾
出会い系サイト選びのコツこんな人と出会いたいこんな人と出会いたくない私生活での出会い方出会い系サイトでの上手なメールの書き方

出会い系サイトの責任者や代表者をチェック

責任者や代表者の名前が、カタカナ表記だったり、英語表記だったりするものっておかしくないですか?"
さまざまな出会い系サイトがありますが
多くの出会い系サイトのページ内に『運営者の情報』を記載しているページが
存在していると思います。

つまり、運営元の情報という事です。
殆どが『会社組織』となっています。
※無料サイトの場合ですと、運営者の情報を記載していないものも多々見受けられます。これは、無料サイトでは記載の義務が発生しないからなんですね。

そこに、会社の責任者や、代表者の名前が書いてあるでしょう。
今回はこの、名前についての注意点を挙げてみます。

通常であれば、漢字でフルネームで記載します。
しかしながら、それから外れるものもいくつかあるんですね。

有料サイトの場合は、表記の義務がありますので
以下に挙げられる例は、つまり記載に不備があるという事であり
運営者自体が、あまり名前を出したくないという事なのでしょう。

どうして名前を出したくないのかと言えば
後ろめたい事があるからだと感じます。

後ろめたい事というのは
サクラを使っていたり、迷惑メールを配信していたり
という可能性が考えられます。

では、いくつか不備のある記載を見てみましょう。

・責任者、運営者の名前がローマ字表記になっている!
例えば、YamadaTaroなどと書かれているものはおかしいです。
漢字で正しく書いていません。

・責任者、運営者の名前が苗字だけである!
例えば『山田』だけだったりという事です。
苗字と名前をセットで記載しなければ意味がありません。

・責任者、運営者の名前がカタカナで書かれている!
例えば『ヤマダタロウ』などという事です。
もちろん名前の一部にカタカナが含まれている方というのはいるでしょう。
つまり、戸籍に記載している名前をしっかりと書かなければ
誤魔化しているとしかいいようがありません。

ここで、例外として・・・

・責任者、運営者が外人である!
中には、運営会社が日本の会社ではなく、中国やアメリカ、台湾などと
いった場合があります。
この場合、責任者や代表者の欄には、外国人の名前が記載されているでしょう。
しかし、日本人向けのサービスを行っていながら
日本の法人(現地法人)や支社などが全く無いというのは少し疑問に感じます。
それに海外の会社であれば、国内の『出会い系サイト規正法』の対象外でしょうし
こうした会社の行うサービスは、当サイトではあまりおすすめ出来ません。



当サイトおすすめの出会い系サイト